コーヒーメーカーよりお得!ドルチェグストの電気代が安い!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私はドルチェグストのカプセル定期便を愛用しています。

ドルチェグストを買いたいけど電気代が高そう…と思っている方はいませんか?
カプセルだけでなく、電気代も実はとってもお得です!

今回は

ドルチェグストの電気代を実際に計算してみました

を書きます。

送料無料!カプセル10%オフ!

ドルチェグストのカプセル定期便をチェック

ドルチェグストの電気代は安い

ドルチェグストの場合、一杯を抽出する時に電気代がかかります。
そのため、保温の電力はかかりません。

1杯分の電気代

レギュラーコーヒー
(カプセル1杯分のドリンク)
約0.6円
カプチーノ
(ミルク+コーヒーカプセルのドリンク)
約0.9円

一般的なコーヒーメーカーの場合

一般的なコーヒーメーカーの場合、1杯0.37円かかります。
5杯くらい作り置きすると2.14円かかるようです。

24時間マシンのコンセントを差しっぱなし + 1杯分の電気代

ドルチェグストの場合

レギュラーコーヒー
(カプセル1杯分のドリンク)
約0.8円
カプチーノ
(ミルク+コーヒーカプセルのドリンク)
約1.1円

一般的なコーヒーメーカーの場合

1杯+待機電力の場合、コーヒーメーカの方が安い結果になっています。

0.37円(一杯分の抽出) + 0.26円(待機電力) = 約0.6円

しかし、コーヒーメーカーを使って1杯だけ淹れることって中々ないですよね?
コーヒーメーカーは保温代が1時間0.98円かかります。

コーヒーを1日2杯を1ヶ月間続けたとして電気代は…

「24時間マシンのコンセントを差しっぱなし + 2杯分の電気代」で考えてみます。

ドルチェグストでコーヒーを1ヶ月淹れ続けたら約48円

1日分の電気代 1杯約0.8円 × 2 = 約1.6円
30日分の電気代 約1.6円 × 30 = 約48円

一般的なコーヒーメーカーでコーヒーを1ヶ月淹れ続けたら約66円

1日分の電気代 1杯約0.6円 × 2 + 0.95(1時間保温した分)= 約2.2円
30日分の電気代 約2.2円 × 30 = 約66円

##ドルチェグストでカプチーノを1ヶ月淹れ続けたら約66円

1日分の電気代 1杯約1.1円 × 2 = 約2.2円
30日分の電気代 約2.2円 × 30 = 約66円

なんと一般的なコーヒーメーカーとカプチーノ(ミルク+コーヒーカプセル)は電気代が同じでした!

ドルチェグストの電気代はむしろコーヒーメーカーよりお得でした

ドルチェグストはコーヒーメーカーのように、たくさん作っておいて保温することはありません。
電源ON〜コーヒーを淹れるまでたった1分です

1杯の抽出の際に15気圧の圧力をかけて抽出するので、抽出はドルチェグストの方が電気代はかかります。
しかしドルチェグストには保温の概念はないのでその分の電力はかかりません

ぜひ使ってみてはいかがですか?
そんなドルチェグストがマシン無料で使えるサービスがあります!

参考サイト

コーヒーメーカーの電気代って?節約法とおすすめの紹介!/電気代見直しNo.1サイト「エネチェンジ」